仕事などでヘルメットや帽子をかぶる習慣のある人は薄毛や抜け毛の心配をしている人が多いです。

私も調理師をしているので、高温の調理場で帽子を常にかぶっているので抜け毛に悩まされていました。

ヘルメットや帽子のせいで抜け毛が増えてしまうのは、職病みたいなもので仕方のない部分がありますが対策ができる部分もあるので諦めずにチャレンジしましょう。

ヘルメット・帽子をかぶるとなぜ抜け毛につながるのか?

そもそもなぜヘルメットや帽子をかぶると抜け毛が多くなるのでしょうか?

主な原因は2つあります。

ヘルメット・帽子をかぶると蒸れやすい

worker-1201549_640

やはり頭を何かで覆ってしまうと頭皮が蒸れてしまいます。

頭皮に蒸れると雑菌が繁殖しやすい環境になるので、頭皮環境の悪化により抜け毛が増えてしまいます。

 

ヘルメット・帽子の中で髪がダメージを受けてしまう

monument-valley-1593318_640

ヘルメット・帽子をかぶると髪の毛がぶつかりダメージを受けます。特に比較的最近生え始めた産毛などはデリケートなのでダメージによって抜けてしまいます。

また蒸れたヘルメット・帽子の中では髪はいつも異常にダメージを受けやすくなり、抜け毛にならないまでもパーマをかけたみたいにちじれた髪になってしまい見た目にも悪くなります。

対策

ヘルメットや帽子をかぶらないのが一番の抜け毛対策ですが、他にも対策があります。

ヘルメット・帽子は通気性が良いものを使う

air-1295106_640

頭皮を蒸らさない為に通気性の良い素材やデザインを選んでください。

会社などで指定のものを使う人は無理かもしれませんが、自分で選べる人は少々お金がかかりますが買い換えてください。

 

ヘルメット・帽子はサイズが合うものを使う

hands-477457_640

よくサイズの合っていないものをかぶっている人がいますが、動くたびにヘルメットや帽子が揺れて髪や頭皮にダメージを与えるのでサイズの合ったものをかぶってください。

ちょうどいいものが無ければタオルを挟んで調節してください。

汗をかいたら洗う

shower-1027904_640

汗をかいたままの頭皮は雑菌が繁殖しやすい為、必ず洗髪しましょう。

一生懸命ごしごし洗う必要はなく、シャンプーをアワアワ状態にして頭皮に付けておくだけで充分です。

洗浄力の強いシャンプーは頭皮に悪いので、頭皮に優しいシャンプーを使うようにしてください。

私が使っているのは「U-MAシャンプー」で低刺激のシャンプーなので毎日使っても頭皮を痛めずに安心して使えるシャンプーです。

ウーマシャンプー
また髪を乾かすときは、ドライヤーは髪から離して乾かしてください。

ヘルメットや帽子のなかで擦れたりして痛んだ髪を高温のドライヤーで乾かすとさらにダメージが深刻になります。

お勧めは今話題の低温ドライヤーがお勧めです。

私が使っているのは「スカルプドライヤー」で低温ドライヤー+頭皮マッサージ+育毛剤浸透率アップの抜け毛対策にピッタリのドライヤーです。

普段ヘルメットや帽子をかぶっている人は髪の毛がペチャンコになりやすいですが、頭皮マッサージ機能を使うと髪の根元を立たせる効果があります。